N-Pharmacy

記事一覧(8)

TO DO リストは日めくりカレンダーで

【観察】やろうとしている事柄を、頭で考えているだけだとやらずじまいのことが多い。でも、やる事を紙に書き出すだけで、不思議と実行する。やる事リスト= TO DOリストは書く方がいいな。TO DO リストをメモ帳に書いて、やった事に線を引いて消す。やった事とまだやってないことが混ざる。新しく思いついて追記するとメモが何枚も散らばるし見にくい。TO DO リストアプリに書くと、アプリを開く事すら忘れることもある。手取り早くて見やすいTO DO リストはどう作ろうかな。【仮説】あまり欲張らず、今日を全力で生きて見よう。1日を単位に計画する。毎日1枚のメモに、今日やる事だけ記入。1日1枚って・・・日めくりカレンダーをメモ帳にすればいいかも。散らばらないし、今日の日付も書いてあるぞ。今日のメモだって一目瞭然。【実験】正月でもないのに、カレンダーが手に入るのかな?・・・おお、あった。ネット通販でゲットだぜ。すでに過ぎ去った今年の日々を引きちぎってサヨーナラ。メモが沢山書けるように大きめサイズにした。さあ、やりますばい。朝、今日やる事をメモする。どうしてもやるべき事から、①②③と優先順位番号を書き添える。実行したら線で消す。今日やる事ができなかったら、明日のリストにもう1度書く。書くって大事。書くだけでやる気が出る。【考察】日めくりカレンダーTO DO リストはいい。見やすいし、散らばらない。今日の記念日とか、偉人の格言なんかも毎日書いてあって、おまけのお楽しみができた。1日が終わって、クシャっと破るのも爽快だ。来年も購入決定だな。今年は中途半端に始めて、半年分捨ててもったいなかったから、来年はちゃんと正月に買おう。

靴はドラム式洗濯機で洗える

【観察】毎週、小学生の子供が上靴を持って帰る。毎週洗う事を学校が推奨しているようで、我が家の子供だけ持って帰らない訳にはいかないようだ。私が現役小学生の頃は、自分で靴ブラシと粉末洗濯洗剤で洗ったものだが・・・。【仮説】靴は、布とゴム製の靴底で構成されている。布なら、洗濯機であらえるかもしれない。どうせ毎週洗うなら、完全に汚れが落ちなくても、汚れが溜まりすぎる事はないだろう。しかし、乾燥機はさすがに耐えられないかもしれない。熱とドラムの回転でいたみやすくなるかもしれないので、洗濯だけにしておこう。【実験】上靴と上靴袋とスニーカーをドラム式洗濯機に入れて、スタートした。洗剤の必要量をはかるために、ゴロンゴロンと回転するドラム。踊る靴。洗濯機のデジタル表示に「大量の洗剤物がある場合の洗剤の量」が指示された。何故?靴がゴロンする際の衝撃で洗濯機が勘違いするのか?一旦、靴を洗濯機から取り出し、空の状態でスタートした。すると最小洗剤量が指示された。これでよし。一時停止し、靴を投入。洗濯開始。洗濯の結果、汚れは落ちている。完全ではないが、手洗いでやってもそれは同じ。毎週洗濯機で洗っても、靴は特にいたんでいない。【考察】靴は、ドラム式洗濯機で洗って干せばいい。洗濯機が壊れないよう、念の為に靴の砂は落としておく。洗濯機の水量・洗剤量の節約の為に、空の洗濯機でスタートし、一時停止して靴を入れるという小技が必要。それを込みでも、かなりの時短になる。

買っても買ってもなくなる食材!買い物の時間はバカにならない

【観察】買い物は時間がかかる。出かけるための支度の時間、スーパーへの往復の時間、品定めする時間、会計の時間、袋詰めの時間。どんなに頑張っても、30分はかかる。しかし、大量に買いだめしても、食材は長持ちしない。長持ちさせるために冷凍保存する事になるが、冷凍のための処理時間もバカにならない。肉や野菜を刻み、小分けし、ラップに包んでジップロック・・面倒!更に、食材を調理する際の解凍時間もかかる。【仮説】面倒な冷凍保存をせずに、食材を使い切る、最小買いだめ間隔があるはずだ。買い物のトータル時間を減らし、冷凍処理・解凍処理がいらない買いだめは、何日分?【実験】7日分の買いだめ(週一の買い物)と、3〜4日分の買いだめ(週ニの買い物)を行った。7日分はかなり時短になる。しかし、痛みやすいもやしやカイワレは初日に使うなどの工夫が必要。7日後には腐ってしまう。肉なども若干、賞味期限との戦いの心労がある。買いだめ一回につき1時間かかり、結構疲れる。3〜4日分の買い物だと、賞味期限は楽々解決。新鮮食材を安心して使う事が出来る。しかし、週ニはあっという間。スーパーが遠い私には時間の無駄感が甚だしい。【考察】★7日分の買いだめを週一で行うのが、今はベスト。気合いを入れて買いだめをし、初期は痛みやすい葉物野菜を使用。週の後半は、人参など長持ちする野菜を使う。【とは言っても】週の途中で足りないものが出るんだよね。買い足しにスーパーに行くと、敗北感を感じる。